クライミングジム・マーブー トップページへ

クライミングジム・マーブーからのお知らせブログ。

クライミングジム・マーブーからのお知らせ

お知らせ

現在のページは、2008年末までの旧お知らせブログです。
2009年1月1日からブログが移行しました。
2009年からの記事はhttp://info.maboo.jp/よりご覧下さい!!
こなさんみんばんわ。賞味期限切れのカリントウを食べていたら、この時間になって腹が下り始めました。店長です。

「どのくらいクライミングしていれば、皆さんのようにずっと登っていられるようになるんですか?」

こんな質問をよく聞きます。

「すぐですよ」と、僕はいつも返答しますが、実際に自分がどうだったか、思い出してみようと思いました。

が、思い出せません。

気がついたら、腕の張りはちょっと休めば回復するようになってた、といった感じでしょうか。

僕がクライミングを始めた頃は、丁度仕事が空き空きの時期だったので(当時から自営業だったんですよ)、それこそ毎日のように登っていた気がします。

初めてすぐに岩場に行って、それからは岩場とジムを行ったり来たり。
それがずっと続いています。

今では多少なりとも人にクライミングを教える立場になりましたが、正直何をどうすれば人一倍クライミングが上手になるのか、実際はまだまだ疑問です。

クライミングはとても単純なスポーツ(もはやスポーツってのも怪しい・・・)ですが、それだけにその内容は実はすごく複雑です。

基本的な身体能力はもちろんのこと、もって生まれた指の強さ、体系、体重、柔軟性、恐怖心、忍耐力、集中力、うわぁ、数え上げたらそれこそ僕らの人生に関係する全ての要素が関わっているんです。

上達の具合や登り方、技術や精神力は、それこそ十人十色。一概に何をすれば上達するのか、考えても無駄ってもんです。

しかし、始めたばかりの人には確実に言えることがあります。
それは「とにかく登るひたすら登る」ということ。

始めたうちは登れば登るほど吸収して上達できます。
考えて試して、考えて試して、、、この繰り返しの量が上達を生むのです。

確かに「足をここに置く」、「体をこう動かす」と教えられれば、目標の課題を登る事はできるでしょうが、クライミングの上達に直接結びつくかというと疑問です。

「足はここか?」と考え、実際に体を動かしてみること。
それが正解でも不正解でも、課題を登れても登れなくても、ただ登って満足するよりよっぽど上達していると言えます。

自分の頭、体だけを使って登りきったら、気持ちいいですよ。

まぁ、がんばりましょーや。



御岳。ナラカ。
いたい、むずい、こわい。
現在上達中。
| トレーニング | 03:38
こなさんみんばんわ。冬は寒いので髪は切りません。てんちょーです。

先日は茨城県の笠間に行ってきました。
ここ最近は専らボルダリングです。

笠間は1年前に1度行ったきりおざなりにしていたエリアですが、それも1年前はここの沢山の課題達に完全な敗北を喫していた為です。

春から秋までスラバーと化して、苦手課題にずっと取り組んできました。
その成果を出す為。笠間リベンジ。

おかげで多いに成果を得ることができました。
努力が結果に結びつくことをこんなに実感できる機会はそうそう多くはありません。
僕の中で今回の成果はとても価値のあるものです。
グレードはもはや全く関係ありませんでした。

自分を1ランク上に押し上げるものは、モチベーションでもなく、靴の性能でもなく、やはり、努力。

努力なくして進歩なし。


1に努力。2に努力。

それでもダメなら、努力が足りないんですね。


笠間。サムライ返し。
| トレーニング | 00:32
こなさん、みんばんわんばんみ。
夜更かししてDVD見たからに、朝から偏頭痛にヤラれていました、てんちょーです。
帰りのバイクが心配です。
こうなったらツェッペリン爆音で熱唱で感激しながら帰るしかありません。


「あの時あそこでああしてたら・・・」

「あの時あそこをああしてれば・・・」

なんでもそうですけど、特にクライミングにはタラレバはありません。


過去を振り返ってタラレバタラレバ言っても、何も変わりません。
残るのは後悔だけ。

後悔するかしないかは考え方で決まります。
それは進歩できるか否か、と言い換えてもいいでしょう。

失敗は成功の元。まさにその一言。
ミスは自分の欠点や弱点をわからせてくれる大事な情報です。

クライミングの上達の近道は、まず自分の弱点を理解すること。

もし貴方がタラレバ人間ならば、それが弱点です。
失敗して落ち込むのではなく、失敗から成功を生めるように努力するべき。


まったく、クライミングってのは生き方そのものだなぁと

痛感せざるを得ない

そんなことを

プリッツのロースト味を食べながら考えていました。




| トレーニング | 00:22
こんばんみゃ!髪切ってサッパリ、笑いまくってスッキリ、てんちょーです。

今日は少し時間に余裕があるのでトレーニング話題。
テーマは「強み」。

自分の登り方は汚い。上手い人達みたいにもっとキレイに登りたい。

誰でもそう思うはずです。

でも、汚くても登れてるなら、それはそれでOKだと思うことも大切だと、最近思っています。

「右向け右」的な考えは良いこともあるけど悪いこともあります。
まずはじめに重視すべきは、自分のやり方。

正解ムーブや簡単な登り方はさておき、自分が思った通り、やりたいように登る。そうすることで自分の強みが生かされて、且つ、自分の強みが理解できるようになってくる、のではないでしょうか。

まず自分ありき。で、強みがわかれば弱みもわかるようになってくるはず。
そしたら人の良いところを真似して自分の弱みをカバーすることもより効果的になります。

えっと、ちょっと話がわかりにくいかもしれませんね。

要は、型にハマり過ぎることは、自分の強みを無くしてしまうこともあるってことが言いたいんです。

自分の強みを発見する前に型にハマってしまうことがよくあります。

例えば強みを弱みと思ってしまっていること。
弱みは時に強みということも。

身長が低い=体重が軽い、狭いムーブが得意
ダイナミックが動きが苦手=スタティックな動きが得意、着実、保持力がある
進歩が遅い=無理にハードな課題にトライする必要がなく怪我が少ない、ゆっくりと関節や腱の強さがUP
調子の波が激しい=調子の良い時は爆発的な力が出せる

と、なんでも考えられますが。

弱点だと思っているところをカバーしようとして、逆に強みが生かせてない、むしろ強みが無くなってしまったら、そんなもったいないことはないでしょ。



そんなわけで、それが悪いことも確かにあるかもしれませんが、悪いところばかりに目を向けず、良いところを大事にすることで、他人ができない、自分だけの、自分のクライミングができるようになるんじゃないかなと思います。

もちろん弱点をカバーすることも必要不可欠ですね。
まぁ、そこらへんの塩梅が難しいんですけど。



異文化交流?
| トレーニング | 00:42
はいはい、てんちょーです。こんばんわ。
懐かしいゲストの登場や長年の夢だったマウンテンジャケットをゲットしたこと、明日はなんとか天気がもちそうなことなどで今日も若干テンションが上がっておりましたが、なにか?

久しぶりにトレーニング話題でございますん。

プラトーってわかりますか?

同じ課題をやり続けて、モチベーションが低下している貴方。
それがプラトーです。

もし原因が上に書いたようなことなら、できない課題はやめて、できることからやりましょう。
同じ場所、ムーブで連続して落ち続けると落ちる癖がついてしまいます。しかも、もれなく故障というオマケも付いてきます。やったね

クライミングの楽しさは「できない」ことが「できる」ようになること。
でも、その為にプラトーになってしまうようであれば、できないことをやり続ける意味は皆無です。

だからといって、できる課題ばかりやる、ということではありませんよ。
それはただの逃げ。

「できない」場所やムーブがあるということ、それは貴方のレベルを押し上げてくれるチャンスですよ。えぇ。

「できない」ことを続けるのはやめて、「できる」ようになる為に。

それがトレーニングです。



ほんじゃ、できないできないと落ち込んでないで、何故できないのか考えてみましょう。

え?そんなのずっと考えてるって??

じゃぁ考えが足りないんですね。ぷぷぷ。

僕が思うに、どこに足を置けばいいのか、もっと体をひねった方がいいのか、なーんてそんなこたーどーでもいいんですよ。

もっともっと単純でいいんじゃないかな。

もし「できない」理由が、「疲れる」なら、疲れないようになればいい。
もし「できない」理由が、「持てない」なら、持てるようになればいい。

それだけのこと。


だから登るんですよ。



「できる」か、「できない」か。それだけの為に登っているなら別にどーでもいいです。好きにやってください。

「できない」ものを「できる」ようにする為に登っているなら、その為に登るってことです。逃げずに努力してください。

自分なりに目標を決めて、それに向けて対策を考える。で、努力する。
何度も言いますが、目標の課題だけをやり続けることが努力じゃありません。
体、頭、生活、全てを使って上達するもんです。日々鍛錬です。

試行錯誤して、ボロボロになって、努力して、そんで「できない」ことが「できる」ようになったら、これ以上の幸せはありません。

まぁ、頑張ってください。

大丈夫。貴方ならすぐできます。



■今日の一枚

さぁて、明日は「できる」ようになる為に、ボロボロになってきますか。
| トレーニング | 02:09
最近スラブに夢中です。
ガクガク、身体ズリズリ血まみれ精神で無様に落ちています。
てんちょ満点です。

連日トレーニング話題ですみません。
くっだらない日常的な愚痴日記をご期待の皆様にはちと退屈でしょう。

今日のトレーニング話題は、ボクの個人的なことから。

スラブに夢中の僕は、アプローチですでに足がヨレヨレになり、スラブトライ後にはもうガクガクで生まれたての子鹿のようです。
冬から思っているのですが、ここへきて本当に下半身の弱さを痛感している次第でございます。

だから、夜な夜な自宅の階段でトレーニングしております。
ザックに水を入れたペットボトルを入るだけ入れて、爪先立ちで登り降り。
すごく単純ですが、これが結構効き目ありまして、マラ岩くらいのアプローチなら大分楽にいけるようになりました。(といいつつまだまだハァハァですが。)

下半身の強さも少しはまともになってきたようで、3、4本のトライならまだガクガクしません。(時と場合にもよりますが。)

ジムでのトレーニングも同じように、一つの目的をもって行うようにしています。

筋トレの基本、それは「どこを鍛えるのかを意識しながらトレーニングする」ことです。

これはクライミングに関しても同様で、例えばボクの場合「スラブに強くなる下半身強化」を題材に、日々課題に取り組んでおります。

アナタがもし引き付けが苦手ならば、「引き付けられるようになる」を目的として、どんな課題をやる時も、どんなトレーニングをする時もそれを意識することで、上達が早くなること間違いなし。

単純な懸垂であれ、出勤時の駅の階段であれ、目的を強く持って常に意識することにより、トレーニングの効果が出てくるのだと、今までの経験から思っています。


さて、信じるかどうかは アナタ次第・・・



■今日の一枚

7月上旬の雷。マーブー駐車場からシャッター少し開けて激写してみました。
まぁ、ソコソコよく撮れてるでしょ?
| トレーニング | 23:44
こなさん、みんばんわ。
身体の調子が良いせいか、どうも夜が弱くなってきたてんちょです。
まだこんな時間なのにぶっ倒れそうなくらい眠いです。

今日は打ち合わせついでにハリをぶっ刺してきました。
前回から1ヶ月ほど経過していましたが、どうやらかなり改善したようです。

前回はそれこそ身体中がガチガチで、特に腰回りがひどかったんですよ。
マッサージ自体が痛くて、ハリなんかもう激痛でした。

鍼灸師の先生にストレッチの重要性を教えてもらい、この1ヶ月くらいは登る前も登った後もなるだけ長い時間ストレッチをするようにしました。
もちろん休みの日も、大人なDVDを見ながらストレッチね。

それ以外は特に気を使ったわけではありませんが、入念なストレッチのお陰か身体の凝りは大分改善されたようで、今日のハリはそんなに痛くなかったかな。

ただ、腸の調子が芳しくなくて、そこから下半身にキていたみたいです。
アプローチがキツかったのは腸のせいだったのか!!


みなさんも時間に余裕がある限り、登る前は必ずストレッチしましょう。
もちろんアップにも時間をかけて、クールダウンもめんどくさがらずにやってみてください。
翌日の身体の動きもかなり良くなりますよ。

ストレッチ方法がわからん!という方は、マーブーにヒワイなストレッチ本がありますので、じっくりむっくり読んでみてください。

んでわ!


■今日の一枚

このアプローチがキツいんです。
でも、腸を鍛えればアプローチも楽々快適になる・・・はず!!
| トレーニング | 01:37
どうもどうも、今日はパッとしない天気でした。
みなさん調子はいかがですか?
痴呆が進んでいます。てんちょです。

大好きな人が帰ってきます。
いや、また来ます、と言ったほうが正しいか。
そんなこんなでテンションあがって登りすぎてしまいました。


今日はトレーニング専用の課題帳を作りました。
内容はほんとに純粋にトレーニングだけのトレーニングの為の課題帳です。

登れるとか登れないとかじゃなく、淡々とウェイトリフティングするかのようにトレーニングしてください。

月間パスがあるなら尚の事、テープ課題などに執着するのを忘れて、週1日だけでいいからじっくりトレーニングしてみてはいかがですか?

ツライです。

トレーニングですから。

やめたくなります。
普通の課題に逃げたくなります。
でも、頑張ってクタクタになってください。

トレーニングですから。

楽しい?

いやいや、つまらないですよ。

トレーニングですから。


みんなが逃げてやらないことを、人一倍努力する。
苦しくてやめたくなることを、人一倍努力する。

逃げずに、淡々と。

強くならない訳がニャァ!!!



■今日の一枚

某大病院の救急救命エントランス。
事故はしないように、、、。
| トレーニング | 00:39
こなさん、みんばんわ。
今日は何故か一日中睡魔と闘っていた店長です。
別に睡眠不足な訳じゃないのに・・・。
最近、眠い時に二重にする技を身に付けました。ちょっと凛々しくなります。

今日は「ひきつけ」について。
間違っても「巻きつけ!」とか「ぬか漬け」とか「吐きまくれ!」とかではありませんので注意してください。

初めては誰もが「腕を伸ばして登りなさい」と教えられるはず。
でも、ある程度登れるようになったらそればかり信じてはいけませぬ。
その先に待つのは「力」です。
でたでたチカラ話題。
大体の人は言いますね、「力がないから・・・」、「届かないから・・・」と。
それでも力をつけることは避けて通れないのがクライミング。
力をつけましょう。

でね、何の力をつけるかというと、「指の力」ではなく、「引く力」。
次のホールドを取りに行く時に、軸になる手を「胸まで引く」ことを心がけてみてください。
最初できないのはあたりまえ。気をつけて引くようにしていると、自然と引けるようになってきます。

ガバ なら。

そのうち悪いホールドでも引けるようになってきます。

まずはガバから。サイド引きのホールドから。
数週間、数ヶ月と、だんだんと付加をかけていきます。

気がつけばアナタも3級クライマー

詳しくトレーニング方法やらなんやら知りたい方は、例のごとく、てんちょちょちょまでお聞きください。

はい、がんば。


■今日の一枚

4メートル強のランナウト。
みんなナチュプロをとるらしい?けど、んなこたぁ考えず、ランナウトして恐怖に耐えておりました。

今日は雷を捉えた写真があったんですが、時間が無いのでまた今度。
| トレーニング | 01:23
ジメジメな梅雨ですが、登れる所を探し回ってウロウロしているてんちょです。
こなさん、みんばんわ。おかがい過ごしですか?

いやね、メンタル強化ってクライミングには必要不可欠なトレーニングだなと再確認しているわけですよ。

最近梅雨ですしロープな人なんですが、どうもデッドなムーブが怖いのです。高さ10数メートルってだけでその恐怖にヤラれて手が出せない・・・。
まぁ、その先がガバだとか、ホールドを知ってるRPトライなんかは別ですが、OSトライになるとそうはいかないわけで、先のホールドがかかるかどうかわからないでデッドムーブをこなす度胸というかなんというか・・。
恐怖心も安全なクライミングには必要不可欠だし、ここぞというときの勇気も大事だし、そのギリギリのライン、レベルを上げていかないことにはオンサイトのレベルっつーのも上がらないのかなとも思っています。

そんな駆け引きが数メートルランナウトしてる時に出てきた日にゃぁもう、、、てんしょん。

うーmまだまだ。

そんなこんなでロープを意識しながら日々クライミングをしていると、柔らかいマットがあって安全なジムでも、デッドムーブができなくなってしまいます。
落ちるな、という信号が無意識で働きます。

絶対落ちないレベル

これをどうやれば効率よくトレーニングで向上させられるのか。

もう、毎日が試行錯誤です。


■今日の一枚

途中で躊躇。これからまだ半分以上あるよ・・・どうしよう・・・の図。

| トレーニング | 23:16

このページのトップへ