クライミングジム・マーブー トップページへ

クライミングジム・マーブーからのお知らせブログ。

クライミングジム・マーブーからのお知らせ

お知らせ

現在のページは、2008年末までの旧お知らせブログです。
2009年1月1日からブログが移行しました。
2009年からの記事はhttp://info.maboo.jp/よりご覧下さい!!
<< 要は 知る ということ。 | main | 同姓同名ランキング >>
どーも、てんちょーです。
先日の記事の補足、というか、ちょっと視野を広げた感じで書いてみます。


クライミングに「正解」はありません。
だからこそ、岩場を利用する人間それぞれが情報を積極的に知り、自身で考えることによって、一般的に言う「正解」に近づくのではないかと思います。

残置ビナでのトップロープも大変危険で問題なことですが、そういったこと具体的事例だけでなく、全ての問題で言えることが「無知」によることが大きな原因だと思っています。

時代が変われば、国や自治体、地主さんの考え方や行動も変わってきます。もちろんその分ルールやマナーも刻々と変わっていかなければならないものでしょう。

初心者の方だけでなく、クライマー全員が常に最新の情報を知り、考えていくことが大事で、「昔はこうだったから」とかではなく、今、自分が岩場を利用する時はどうしたらいいのか、を模索し続けなければ、この先岩場の登攀禁止は増えるばかりです。

確かに日本版アクセスファンドは必要だとは思いますが、そういうことは僕なんかより100倍以上立派な方々が大勢いらっしゃるのでおまかせして・・・

僕達エンジョイクライマーは、何かあったらJFAのような組織を頼りがちですが、真っ先に組織を頼るのではなく、まず自分が1クライマーとして充分な情報を知っているのか、自分はどうすればいいのかを考え行動する。

そうやって一人ひとりが考えて行動するようになれば、自ずと沢山の問題も解決するはずだと思いたいです。


僕は、ジム経営者という立場のもと、一人一人のクライマーに少しでも情報を知る努力をしてもらいたいが為こういった記事を書くことで啓蒙になると信じています。

正解や結果を求めて書いているわけではありません。
このブログを見て、一人でも「知る」意識を持つクライマーがいれば本望です。


難しい話は苦手です。
本当に何が言いたいのかよくわからなくなってきます。
しかも最近英語を勉強中なのでそれと合わせて日本語すらままならなくなってきています。

| 日記みたいなもの | 19:13

このページのトップへ