クライミングジム・マーブー トップページへ

クライミングジム・マーブーからのお知らせブログ。

クライミングジム・マーブーからのお知らせ

お知らせ

現在のページは、2008年末までの旧お知らせブログです。
2009年1月1日からブログが移行しました。
2009年からの記事はhttp://info.maboo.jp/よりご覧下さい!!
おはようございますん。いつまでたっても前腕が筋肉痛になる店長です。
今日は右半身がイタイイタイイタイイタイでございますん。

さてさてトレーニング話題。
クライミングのDVDとか見たことありますか?ってお客様に聞くと、ほとんどのお客様が見た事ないってお答えされることにビ ビ ビ ビ ビックリしていた訳ですが、実際に映像で巧い人のクライミングを見るってことは、僕なりにすっごい大切かなーなんて思っておるんです。

岩場に行ってすごい巧いクライマーを目の前で見れることってなかなか無いですよね、世界のクライミングを何回でも見れるDVDって、よく考えるとすごくないですか?
それを生かさないはないでしょう。

クライミングは自分の足と手を脳みそで動かすだけの行為でございます。
だから、イメージは大切
自分の頭で想像をできないことは、いつまでたってもできません
DVDや他の人のクライミングを見る事は、なにより自分のイメージ、想像の幅を広げられる唯一の手段です。

じゃあ効率的にイメージの幅を膨らませるには、まず
・カッコイイ!と思うクライマーを見つける。
・カッコイイ!と思うムーブや仕草を見つける。
・登る時にカッコイイ!と思ったことをイメージして登る。


要は、

DVD見てシビれたら、

ジムに来てナルシストになる


そゆこと?


と言いながら、マーブーにDVDは置いてまっせん。ごめんなっさい。
まぁたぶん皆がDVD見ないのはソレが原因・・・?
近いうち置きたいと思いまっす。


■今日の一枚

アクティブな友人とブツブツ交換させていただいたお気に入りのテントです。
ヒッキーな友人の写真を勝手に使わせていただきました。

| トレーニング | 18:32
こなさん、みんばんわ。
4400も遂にシーズン4です。終わりが見えません。どうしましょ。店長です。

トレーニング話題。

みなさんホールドを持つ時は指の「腱」で持っている人がほとんどだと思います。
わかり易く言うと指を伸ばした状態でホールドを保持している、というか、摩擦力で保持している、というか。

僕の経験上、「腱」で持つことを続けて悪いホールドを持っていると、すぐ故障します。パキるまでいかなくとも、腱の痛みは早いです。
ホールドは、指「筋肉」で保持します。そうすることで、指の筋肉がついてきます。腱で持つのに慣れてしまうと、筋肉の付きも遅くなります。

では実際にどうやって筋肉でホールドを持つの?
となりますが、これは見せて教えないと伝えられないので、お会いした時に聞いてください。

会えない人は、「筋肉」で持っている!というのを常に意識しながら登るのがいいと思います。意識することで筋肉は動きますから。

ま、これは僕の個人的観測でのお話でしたが。
人一倍指の故障が多いということはその分得たものも多い、はず。


■今日の一枚

ちょっくら塩原まで散歩してきます。
| トレーニング | 00:32
こなさん、みんばんわ。今日の晩飯はセブンイレブンのナンカレードッグ、テンチョウです。

久しぶりにトレーニング話題をひとつ。
タイトルの通り、「反復練習」です。

例えば、とある5級の課題があるとします。
1度登れて「やったー!」で、終わりにしない、これが大事です。

無駄な力を使っていないか、動きがギクシャクしていないか、もう一度確かめてみてください。
何度も登っていると、次第に動きがスムーズになってきます。そうしてムーブが自分のものになっていく、と思っています。

難しい課題へのトライも必要ですが、ムーブを覚えたりクライミングっぽい体の動かし方を身に着けたい方は、是非1ランク簡単な課題の反復練習でトレーニングしてください。

たまにやるだけじゃなく、何回か連続で登ってみるのも良いトレーニングになります。
疲れてくると余計な力を使っている場所がわかりやすいですよね?
疲れてきてもスムーズに力を使わず登れたら、それがムーブをカラダが覚えた証拠。

一つの課題から得られる事はとても沢山あります。
特に今回の壁は「ムーブで登る」課題が多いので、良い練習になると思いますよ。

でわ、また。


■今日の一枚

cactusさんご提供の一枚。
ランタンの明かりはいいですね、癒されます。うーキャンプがしたい!


| トレーニング | 02:07
どうも、てんちょーのミツオです。
新しいホールドもある程度揃い、ハリボテ制作も順調で残るは塗装だけ♪
ホールド替えまであと2週間を切りましたが、いかがお過ごしでしょうか。

今日駐車場の更新で不動産屋に行きましたが、どうやら駐車場を拡張(3台分!)できそうです。正式に決まったらお伝え致します。

あと、5月に岩場ボルダリング講習会も開催します。こちらも正式に決まり次第お知らせします。

さて、タイトルの件ですが。
クライミングは痩せるのか!?

僕の独断と偏見でお話すると、クライミングによって基礎代謝は必ず向上しますが、直接脂肪を燃焼できるわけではないので、「痩せない」と思います。
ただ、「太りにくい」体質になるのは間違いない、はずですがどうでしょう。
「基礎代謝が上がる=1日のカロリー消費量が上がる=同じ量食べても太りにくい」ということですね。

でも、クライミングされてる方には実際太った方もいるし、痩せた方もいます。そこで、その理由を考えてみました。

▼太った人
これはほぼ間違いなく筋肉量が増えたからでしょう。筋肉は脂肪よりも重いはずなので。多少脂肪が無くなったとしてもそれと同等もしくはそれ以上に筋肉がついていれば体重は増えます。
が、見た目は痩せているかもしれませんね。脂肪が筋肉に変わっていけば、それだけ身体はシェイプアップされているだろうし、実際クライミングは必要な筋肉以外はつかないので、不要な脂肪はカットされて必要な筋肉が残るってことです。
あぁ、クライミングってなんて素敵なスポーツなんでしょう♪

▼痩せた人
さぁ、上記を踏まえた上で、痩せた人はなぜ痩せたのでしょうか。
それはきっと本人の努力。ではないでしょうか。
クライミングをしている以上、誰しもが必ず強くなりたいと思っているはずです。今よりもっと強くなるには、「体重を落とす」と考えた結果、それに向けて人知れず努力を重ねているのではないかと思います。


まぁ、そんなとこですか。

ちなみに、以上は僕の勝手な解釈のお話です。
信じるか信じないかは、貴方次第。

なんつって。


■今日の一枚

必死の表情ってすばらしいですね。
こんな男前は見た事ありませんね。惚れちゃいけません。
いやいや、カメラマンがすばらしいのです。

| トレーニング | 01:48
今日は太ももがガクガクいってます。店長です。
こんばんみ。
明日・明後日と、引越しです。荷造りして帰郷します。店長です。
さようなら。


たくさん登ると指皮が痛いですよねー。
指皮を強くする為にはとにかく沢山登る事!らしいです。血豆が出来るまで。とことんMですね。

僕は指皮ソコソコ強くなってきたと思います。
が、今でも沢山登ると痛いです。

すごく強い人も「指皮いってぇ!」と言ってたりします。

結局のところ、確かに指皮が強いんだろうけど、痛いのを我慢する精神力か、と思ってしまいますね。

いくら皮が痛くなろうと、その課題を登りたい!という情熱の前には、抵抗になりません。
課題にとりついてしまえば痛さも頭から消えてしまいます。たぶん。

そうです。大事なのは登りたいと思うなのです。

クライミングは情熱だー。

うりゃー。

ぎゃー。


■今日の一枚

え?最近ルートの写真が多いって?
気のせいですよ。僕はボルダラーですから。
| トレーニング | 22:00
日曜日に中指がパカって裂けてしまったテンチョウですが、なにか?

今日は日曜日ぶりにがっつり登らせていただきました。
裂けたユビもそろそろ治ってきてるだろうと思っていたら、なんとぜんぜん治ってないじゃないですか。困ったもんです。
今回は結構深くて、なかなか治りが遅いようです。
いやいや、そんなのカンケーネー!です。もう古い?

ところですでに有名な話だと思いますが、ご存知ない方の為に豆知識を。

ユビがパックリいっちゃった時や、ベロンチョしてしまった時の効果的なブツがあるのです。

まずパックリ裂けちゃった系は、「ヒビケア軟膏」です。ドラッグストアで売ってます。1500円くらいします。たっけぇ!けど、効き目は抜群です。軽い怪我なら2日で治ります。

んで、ベロンチョしてしまった時などには、「キズパワーパッド」。これはまさに絆創膏の王者です。キングです。ドラッグストアで売ってます。6枚入りで900円くらいします。たっけぇ!けど、効き目はグンバツです。しかも水に濡れてもぜんぜんヘーキです。

キズパワーパッドは来月あたりマーブーでも販売します。たっけぇ!けど、効き目はグンバツです。


■今日の一枚

さてさて暖かくなってきちゃいましたね。
花粉対策して夜登攀の季節です。
レッツナイトクライミング!

| トレーニング | 00:38
こんばんわ。普段火曜日がお休みだけど今日は例外だったテンチョーです。
帰ったら今日も冷凍ピラフです。味気ないのでシーチキンをプラスします。

久しぶりのトレーニング話題です。

「自分より少し強い人と登る」と上達が早いってのは結構良く耳にしますが、なぜでしょう。
僕が思うに、それは「強い人の動きと自分の動きを比較してよりよい動きを覚え易い」ってことだと思います。
もちろん他にも要因はあるはずですが。

これを逆に考えると、強い人と一緒に登れない環境でも同じような効果を得られると考えます。
「強い人の動きと自分の動きを比較する」ということは、強い人の動きをよーく観察すれば上達の近道になるということです。

まず、ジムに強い人がいたら、動きをよーく観察してみてください。「上手すぎてよくわかんないや」って言う人がいますが、それは間違いです。
何かしら気づく事や感じることはあるはずです。足を置く時に音が出てないとか、腕を伸ばしたままとか、耐える時に声が出てるとか^^;そんなことでも充分収穫になると思いますよ。
同じ課題をやらなくても、観察して勉強になることは山ほどあります。

気づいた事をなるべく覚えておいて、自分が登る時はそれを試してみる。
上の例でいくと、足を置く時に音をたてない、とか、腕を伸ばしたまま次のホールドを取りにいってみる、とか。他にも登る前にストレッチをしてみるとか、手のチョークをフッと吹いてみるとか。始めはなんだっていいんですよ。とにかく観察して気づいたことを実践してみることが大事です。

実践するとまた気づくことがあります。腕を伸ばしたら楽だった、とか、逆に辛かったとか。じゃぁ次はこうしてみよう・・・という感じで反復して体が覚えていってくれます。

この時に一番注意しなきゃいけないのは、「あの人は強いからなー」とか「力が無い」と、力のせいにしないこと。
確かにクライミングに力が重要なのはわかっていますけど、全部力のせいにしてたら進歩しません。
沢山観察して、せっかく大事なポイントに気づけるかもしれない時に力のせいにしてしまうと、技術の向上の大きな妨げになってしまうのですよ。

イメージを膨らませて、真似をしまくってみましょう。
真似することで、上達が早くなることは間違いなしです。

そのうち口癖や仕草なんかも似てきちゃったりして・・・。
まぁそれはそれでオモシロイっすけど。


■今日の一枚

赤いきつね啓蒙委員会の会長です。
マーブーミドルクラスは最近頑張ってますね。メキメキ成長してます。その分メキメキユルくなってる気もしますが。
| トレーニング | 00:55
なんにせよ、目標ってのは大事ですね。
あの岩に取り付けるようになりたいとか、あの課題を登りたいとか。

目標があるからがんばれるんですかね。
かっこよく見られたい!とか、不純な動機でもいいじゃないですか。
目標をもつこと、んでもってそれを達成することで、普段の生活で得られないような至福の時が得られるはずです。
それがクライミングの上達にもつながるわけで。

だから、僕も頑張ります。


■今日の一枚

クライミング人生で、一番思い入れがある課題かもしれない。
あと一手、分厚い壁です。
| トレーニング | 01:13
タイトルは本気トレーニングと書いてマジトレーニングと読みます。

昼間は暖かい日が続いてますね。今週末はやっと岩場も賑わいを戻しそうですね。でも暖かさにつられて眠くなってしまいますね。お腹がすいたら寝ましょうね。ダイエット、みんなで断食、うらぎるな。ということです。しばらくラーメンは我慢ですね。

今日はジムでのトレーニングについて。

わざわざお金ハラってジムにまで来て、懸垂やら指力やら鍛える単純なトレーニングを続けられる人なんてほとんど居ません。
でもそんな地道なトレーニングが実は後になって効いてきます。
そんなの家でやればいいじゃんって思いますよね。はい、僕もそのクチです。
が、実際プライベートウォールがある自宅(僕の実家ですが・・・)でもトレーニングらしいことなんて全然してませんでした。やらなきゃと思ってやり出すものの、結局3日坊主になってしまうのがオチ。

週3日ジムに通ってるとしたら、その1日だけでいいので、ウォーミングアップ後に単純なトレーニングを1時間ほど入れてみるといいと思いますがいかがでしょ。

単純なトレーニングってのはまぁいわゆる筋トレに近いんですが、懸垂したりロックオフしたり指を立てて登ったり・・・などです。
トレーニング方法は個人個人のグレードや目標、弱点などで変わってきますので、自分でよく考えてやるもよし、わからないのであれば遠慮なく聞いてください。

ただ、よく始めたばかりの方で間違えてるのが、懸垂です。懸垂は結構自宅とかでやってる人もいますが、実際懸垂に使う筋肉なんてクライミングではあんまり使いません。
実はさっきお客さんと懸垂していましたが、僕よりお客さんのほうがいっぱいできました。でも僕の方が登れるわけで・・・。ここらへんがクライミングのややこしいところなのかな。
自宅でのトレーニングとかその他諸々、何かやりたい!と思ってる方は遠慮なく聞いてくださいね。


■今日の一枚

最近よく通ってる岩です。一日中日陰なんで寒いったらありゃしない。雪が凍ってよく滑りました。
| トレーニング | 01:07
ちなさん、みょうしはどうですか?
土曜日は雪の坂道でスタックしかけたミツオです。後ろの方、ごめんなさい。

今日はグッドタイミングなコメントをいただいたので、集中力を鍛えるトレーニングをひとつ。

最近マーブーのお客様達(一部の?むしろ僕だけ?いやいやそんなはずわ・・・)の流行は、回数を決めて課題にトライすること。
だいたい3回ですが、難しそうな場合は5回ぐらいかな。それ以上だと集中力が切れます。
で、決めた回数で完登できなかった場合はトライを中止して他の課題に移ります。

もともとはコンペに向けた練習の為にやっていたのですが、このトレーニングは集中力を高める他にも、ムーブを一生懸命頭で考えられるってのがイイ点です。

で、このトレーニングをするにあたっての注意事項ですが、それは決めた回数以上は絶対に触らないようにすること!です。
でなきゃ集中力も落ちますし。「あとでまたやればいーや」と思ったらすでにトレーニングの意味は無くなります。
これは同時に、自分の甘えや妥協心に打ち勝つ精神的なトレーニングにもなります。

トレーニングは、ちゃんとルールを決めてそれを守ることが一番大事です。
ルールを守ってしっかりトレーニングすれば、必ず強くなれます。

明確な目標を決めて、少しずつクリアしていきましょう。


と、今日も自分に言い聞かす・・・。


■今日の一枚

川井キャンプ場ボルダーのモロヘイヤって課題です。
ジムナスティックな課題で、奥多摩ではあまり無いタイプの課題だと思います。おすすめ。
| トレーニング | 23:45

このページのトップへ